私のスポーツシティ仙台ドライブ日記

タクシー乗務員2年目のスポーツ大好き女子タクシードライバーです。私がタクシーから見たスポーツ王国仙台をお話しさせて頂きますね。

スポーツシティ仙台の街中を走って楽しいのは、ゼビオアリーナ仙台周辺ですよ。なんといっても日本一の規模のセンターマルチディスプレイ、リボンLED、VIP ルーム等の設備があるのですもの。初めて試合の観戦に来たお客様には、まずその充実ぶりをお話しいたします。選手や.スポーツ好きの子供達に大きな影響を与えているのではないでしょうか。仙台ってスポーツを支える環境の充実している町だなと実感しています。

乗務中に聞いたスポーツ選手同志の話や試合観戦の行き帰りのお客様との会話で、喜んだり、悲しんだり、ほっこりとした気分。ドライバーしていることがちょっとうれしくなり、晴れやかな気持ちになれるのです。たまにトップアスリートお乗りになった時は、振り向いてご挨拶しちゃいます。特にスポーツ好きの子どもたちを乗せた時には“頑張って”と手を振るときだってあるのですよ。スポーツっていいですね。タクシードライバーとして、足を踏み入れた当時、運転と道の不案内に戸惑い、迷いながらも突き進もうとする自分を支えてくれたのがスポーツの会話でしたからね。前向きな気持ちになれるのですから。

ゼビオアリーナ仙台が大好きな私は、ここで開催される競技をしっかりメモしています。

例えば、最近『TOUCH!WOWOW2015 エキサイトマッチスペシャル ダブル世界タイトルマッチ』、これで「WBC世界ライトフライ級木村悠新チャンピオン」が誕生しましたよね。

なんといっても1万人のランナーが新緑の杜の都を駆ける仙台国際ハーフマラソン大会,盛り上がりましたね。女子駅伝の大学日本一が決定する全日本大学女子駅伝,仙台市体育館を会場に開催されるバスケットボールやバレーボールなどの国際大会,野球,サッカー,バスケットボールなどのプロスポーツを一年中観戦できるわくわくドキドキ夢の街です。だからでしょうか, 金メダリスト荒川静香さん羽生結弦選手や福原愛選手など,オリンピックや国際大会で活躍するトップアスリートも沢山誕生するのですね。

スポーツって本当に街を活気づけることができるのですね。すごい物ですね。それにスポーツ大会の開催で県外からのお客様がどんと増えるのを実感しますよ。

そして私が最近特に応援しているのは、東北の子どもたちがチャレンジド・スポーツ(障がい者 スポーツ)を体験する「アスリート・ビジット」です。私にも小学校へ行っている子供がおりますから。スポーツで,子どもたちが笑顔で元気になれるよう私もスポーツボランティアで応援しています。

高瀬聖奈さん。高瀬聖奈さんは宮城県で車椅子バスケットボールに取り組んでいるチャレンジド・アスリートですよね。車椅子バスケを始めてまだ2年ほどですが今年6月には25歳以下の日本代表に選出されています。すごいですね。宮城県で活動している男子車椅子バスケットボールチーム「宮城マックス」に所属しているのですよ。普段は岩佐義明監督が率いるチーム宮城マックスのもとで毎週練習に励んでいるのですって。もう大応援です。頑張って聖奈さん!私も日頃からの運動不足をなにか生涯できるスポーツを考え中です。